外壁塗装の相場

外壁塗装の相場を知ることはとても重要です。

これから外壁塗装をしようかな、と検討されている方も多いと思います。

その場合、残念なことに知識が無い方に高額な費用を提示したり、値引き・格安料金を提示しておきながら実際に外壁の塗装工事が始まったら高額な追加費用を請求、といった悪質な業者もいますので騙されないように私たち自身が注意をすることが必要です。
(気をつけたいのは、やはり訪問販売です)

そのためには、お住まいの戸建て住宅の坪数での外壁塗装の相場を知らなくてはなりません。

外壁塗装の相場を知らなければ、業者から提示された費用が高いのか安いのか判断が出来ないですよね。

相見積もりをしても外壁塗装は値段が業者ごとに違います。一致することはありません。

しかし、住宅の建坪数ごとに相場はありますので、それを参考に見積書の内容を比較して工事を依頼する塗装業者を決める事が大切となります。

相見積もりはヌリカエなどを利用されると便利です。

外壁塗装の見積もり費用が同じにならない理由

外壁塗装は複数の塗装業者に見積もりを取ったとしても、同じ価格になることはまずありません。

外壁塗装の見積もり費用が同じにならない理由としては、次のようなものがあります。

塗装面積の計算方法が違う

外壁塗装の実地調査では、塗装面積を計算することも重要です。
どれくらいの面積を塗るのかを計算しなければ、見積もりを出すことは出来ません。

例え実測をしても拾い出しの方法が違うために、面積が変わるケースは多いといえます。

ましてや坪数で見積もりをした場合には、塗り面積と差が生まれやすくなります。

家の設計図があれば提供して算出してもらう方法が確実性が高いので、おすすめです。

塗料の違い

外壁塗装では必ず何らかの塗料を使用しますが、例えばシリコン塗料であっても種類が多くあります。

まず、

  • 水性のシリコン塗料
  • 油性のシリコン塗料

があります。

そして水性、油性とそれぞれの塗料に関して、一つのメーカーから様々なグレードの塗料が発売されています。

例えば、エスケー化研からは水性シリコン塗料として、

・エスケープレミアムシリコン
・水性クリーンタイトSi
・水性コンポシリコン
・水性セラミシリコン
・SKシリコンクリヤー
・SKセラミファイントップ
・水性セラタイトSi
・水性弾性コンポシリコン

などがあります。

油性シリコン塗料としては、

・クリーンマイルドシリコン
・エスケープレミアムNADシリコン
・クリーンマイルドシリコンCR
・クリーンSDトップ
・弾性クリーンマイルドシリコン
・セラタイトSi
・弾性リリカタイトエナメル

などがあります。

それぞれで価格も違ってきます。

相見積もりを取る場合には、出来るだけ条件を揃えることは大切ですが、見積もりを依頼する塗装業者によって塗料のグレードが変わってきますので、見積書の詳細で確認をすることが必要です。

人件費の差

塗装業者によって、職人さんの人件費が違います。

ベテラン2名が入れる場合。

ベテラン1名+経験の浅い1名の場合、など人件費には差が出てくるでしょう。

事情があって早く外壁塗装を完了して欲しい、となればベテラン3名で見積もりを出してくれるかもしれません。
そうなると、人件費は上がりますね。

また安全に作業をしたいために、足場を組む専門業者を外注する場合もあるでしょう。
外壁塗装では人件費が占める割合は大きいです。

そうした人件費による差も、価格に反映されてきます。

見積書の項目が詳細かどうかのチェックが重要です

外壁塗装の価格は安くはありません。
そのため、気になるのはやはり合計金額です。

とはいえ、ここまで見てきたように外壁塗装は見積り金額が同じになることはありません。

重要なのは工事内容に伴った適正な価格かどうかです。

そのためには工事内容が一式など省略されていないかどうかのチェックが大切となります。

外壁塗装には様々な作業工程があります。
それぞれの工程で、単価があり価格が見積もられています。

面倒ではあっても、そうした工程が詳細に書かれてあり単価もそれぞれに記載がある塗装業者は信頼できると考えて良いでしょう。

外壁塗装の相場を知ることが悪徳業者に騙されないために重要!

一般的に考えると、この後見るような30坪の戸建て住宅の場合、外壁塗装の価格が150万円以上などは高額過ぎると考えて良いでしょう。

しかし外壁塗装の価格、相場に関して知識が無い場合には、訪問販売で「今だけ値引き可能で150万円です!といわれて契約してしまう可能性があります。

また逆に格安で見積りを受けて契約、工事が始まったら追加費用の請求が高額に・・・といった可能性もあります。

外壁塗装は最初から適正な価格かどうかが重要となってきます。

外壁塗装 相見積もりをする方法

外壁塗装の相見積もりをする場合、

⇒ ヌリカエ

などの一括見積もサイトの活用がおすすめです。

納得できる見積もり金額の塗装業者と出会えるまで粘る方もいるそうです。

自分で相見積もりをお願いしたい地元の塗装業者を探しても良いのですが、ヌリカエは断りも代行してくれますので依頼者側として負担が少ないことも、オススメのポイントです。

実際に工事をお願いするのは1社だけです。

残りを断るのが億劫で・・・といった方は多いのではないでしょうか。

そうした方も便利に相談が出来ると思います。

外壁塗装の相場シミュレートにも活用出来ます。

⇒ 外壁塗装の相場シミュレート

戸建て住宅の坪数別の外壁塗装 相場

ここで、国内で最も多いと言われる30坪の戸建て住宅の外壁塗装の費用相場についてみていきたいと思います。

30坪での外壁塗装の費用相場から前後して、25坪、35坪も参考とすることが出来ます。
(別記事にて25坪、35坪の費用に関しても掲載予定です)

外壁塗装30坪価格

外壁塗装を30坪の戸建て住宅で行う場合、よく使用されるシリコン塗料で塗ったとして、価格の相場大体100万円前後と考えられます。

外壁の劣化があまりなく、綺麗な場合にはもう少し安価に出来るかもしれません。
塗装業者の人件費などにもよりますから、価格は前後してきます。

またシリコン塗料よりも安価なウレタン塗料を選んだ場合にも、もう少し安く外壁塗装が出来るでしょう。
80万円前後の価格で塗り替えが可能な場合も多いようです。

外壁塗装の見積もり価格が高すぎる!と思ったら・・・

外壁塗装、業者の見積もり金額で120万円以上の見積り価格の場合、より注意して詳細を確認された方が良いかもしれません。

無機塗料など、高機能で高額な塗料で見積りをお願いした場合には別ですが、一般的に使用されることが多いシリコン塗料などで「200万円」といった見積金額が出た場合にはその塗装業者は怪しいといえます。

大幅値引きなどをしてまず契約を取り、工事が始まってしまってから後から追加費用の請求といったことも考えてしまいます。

外壁塗装の費用、相場を知るには相見積もりが基本

外壁塗装を行うにあたり、正確な費用は実際に塗装業者に実地調査を依頼して見積りを出してもらう必要があります。

実地調査にも出来れば参加して、どのように調べているかをチェックされると良いでしょう。

相見積もりは3社程度取った方が良いのですが、3社の実地調査を見れば手を抜いているのか、しっかり調べているのか比較をすることが出来ます。

見積書の内容も比較する事が出見ますね。

「相見積もりは面倒だな・・・」

と思われている方もいるかもしれませんが、相見積もりは塗装業者の様々な部分を比較するための判断材料になりますので、ぜひ推奨したいと思います。

見積金額ですが、どういった塗料を使って外壁を塗るのかなどによっても価格が変わってきます。

一般的には外壁塗装にはシリコン塗料やラジカル塗料での工事を希望される方が多いと思いますが、中には耐用年数やメンテナンスを考えてフッ素系塗料、無機塗料を検討されている方もいらっしゃるかもしれません。

その場合、平米単価が高くなりますので数十万円、外壁塗装の価格が上がることになります。

希望する耐用年数、メンテナンスによって選ぶ必要があります。

外壁塗装の費用、相見積もりがおすすめ

外壁塗装の費用は相見積もりを取ることをおすすめします。

もし、知り合い経由で外壁塗装をお願いしようと思っている塗装業者があったとしても、一度見積りを取ってみてはいかがでしょうか。

外壁塗装は数十万円に価格差が出ることもあります。

また実地見積もりの際にも、色々なアドバイスをもらえることと思います。

そうしたアドバイスを元に、改めて外壁塗装の重要性も考えることが出来るのではないでしょうか。

外壁塗装の一括見積もりサービス

外壁塗装で相見積もりを取る際に、便利な一括見積もりサービスとして

⇒ 外壁塗装の相場シミュレートヌリカエ

をオススメしています。

年間1万件以上、地域の厳選優良業者様のご紹介実績。
また過去に5千件以上のご契約実績となります。

・利用料完全無料
・不要なセールス一切なし
・キャンセル代行無料

全国対応なのもポイントです。

外壁塗装の見積もりを複数取って、比較をしたいという方には特にオススメです。

Copyright© 外壁塗装の相場|我が家の外壁塗り替え費用はいくら? , 2020 All Rights Reserved.