外壁リフォーム 費用相場について

外壁リフォーム

外壁リフォーム 費用・相場は?

投稿日:

外壁リフォームの費用相場

外壁リフォームを行う際、費用相場は気になると思います。

住宅の外壁の劣化状況、傷み具合によっては新調をした方が良い場合もあります。

外壁リフォーム工事の種類としては、

補修、塗装、新調

と3種類あります。

補修<塗装<新調、となるに従って、費用の相場は大きくなっていきます。

外壁リフォームに費用相場ですが、工事の種類にもよりますが20万円前後~300万円までと幅広くなります。

築年数、前回のリフォーム年数からどの種類の工事をするかを検討する必要もあります。

外壁リフォームの種類、費用の相場に関してご紹介しています。
費用相場を知ることで、資金準備もしやすくなると思います。

外壁リフォーム 工事の種類・費用相場

外壁リフォームの費用相場ですが、補修で済む場合には1万円~5,6万円といった金額。

外壁塗装が必要であれば80万円~120万円といった費用相場。

新調が必要であれば200万円~300万円とおいった金額が必要になる可能性もあります。

そのためには外壁の状況を専門家に診断してもらうことが必要な場合もあります。

まずは外壁リフォーム、工事の種類 費用の相場についてみていきましょう。

外壁補修の費用相場

戸建て住宅の外壁で補修が必要な症状としては、次のようなものがあります。

ひび割れ(クラック)修理

外壁のひび割れ

外壁のひび割れがモルタル壁で発生する可能性が高いです。
サイディングもボード本体がひび割れる事はあります。

外壁のひび割れは放置すると雨水が侵入しやすくなります。
浅いヘアークラックであっても放置しておくと水を吸収してしまいますので、出来るだけ早めに補修をされることをおすすめします。

外壁のひび割れの補修、費用相場としては修理内容や箇所によりますが、1万円~10万円前後となります。

また、ひび割れを補修する箇所によっては足場を組む必要があります。
足場代として10万円~15万円の費用が追加となりますので、費用が高くなってしまいます。

築年数、前回の塗装時期から考えて耐用年数に近い場合には、ひび割れの状況によっては外壁塗装などを考えた方が良い場合もあります。

コーキング(シーリング)ひび割れ

コーキングひび割れ

コーキング(シーリング)にひび割れが起きていたり、硬化し痩せてきている場合も補修が必要となります。

特にコーキングのひび割れは、放置しておくと雨水などが内部に入り込む原因ともなりますので、早めに補修を考える必要があります。

コーキングの劣化状況により、補修の方法としては

  • 打ち替え(700~1,200円/m)
  • 打ち増し(500~900円/m)

とあります。

ひび割れの補修と同様に足場を組む必要がある場合、足場代として10万円~15万円の費用が追加となります。

打ち替えをした場合、コーキングの耐用年数は10年ほどとなります。

打ち増しの場合には、耐用年数は2年~5年と短いため、またすぐに補修が必要と考える必要があります。

そのためコーキング打ち替えの補修は、基本的には打ち替えをすることになります。

一般的にな大きさの住宅、30坪のコーキング打ち替え費用

例えば、一般的な2階建て住宅の坪数は30坪~35坪ですが、30坪2階建て住宅のコーキング打ち替え費用相場としてはどれくらいになるのでしょうか。

30坪の住宅では、大体150mのコーキングがあると言われます。

打ち替えで1,000円/mで単価を考えた場合、15万円程度の費用を見ておかれると良いでしょう。

足場も必要になります。

合計で25万円~30万円が30坪の戸建て住宅のコーキング打ち替え費用相場と考えられます。

カビ・藻・コケ

外壁の苔

カビ・藻・コケが生えるのも、外壁の劣化症状の一つです。
塗膜の防水機能が低下していることが考えられます。

カビ・藻・コケはDIYでご自身で除去することも可能ですから、住宅の外見が気になる場合、お時間がある際には洗浄してみてもよろしいかと思います。

強く洗浄をすると塗装が剥がれる可能性があります。

なかなか自分で洗浄が難しい場合には、プロの業者に依頼された方が安心です。

業者に外壁のカビなど高圧洗浄を依頼した場合の費用は、1㎡あたり100~300円が費用相場となります。

穴・へこみ・欠け・傷

外壁の穴・へこみ・欠け・傷。

これら外壁の補修に関しては、1万円~5,6万円といった費用で補修できる場合が多いです。

特に外壁にできた穴、割れ、欠け部分は放置するとさらwに劣化し、雨漏りの原因になる可能性もあります。

既に内部が見えるような穴が開いてしまっている場合には、早急な補修が必要です。

早めに業者に補修・修理を依頼されることをおすすめします。

浮き・膨らみ・反り・剥がれ

新築住宅では窯業系サイディングが多く使用されています。

そのため、サイディングの外壁の一部が浮き・膨らみ・反ったり、剥がれといった症状が起こってしまう場合もあると思います。

サイディングの反り返りが少ない場合には、ビスを打ち増しして対応する方法もあります。

もしくはサイディングの部分張り替え、全面張り替えとなりますが、範囲に関しては専門家に診断をしてもらい、見積もりをもらうと良いでしょう。

サイディングの張り替え工事ともなると、200万円~300万円など費用がかかってきます。

張り替えも含めて検討する場合、複数のリフォーム会社に相見積もりを依頼されると良いでしょう。

工事内容、金額なども変わってきますので比較されることをオススメします。

⇒ 外壁塗装・張り替え 優良業者を探せるサイト【ヌリカエ】

外壁全体の補修、外壁塗装

外壁の劣化状況、傷みによっては外壁全体ほ補修・修理しなくてはならないこともあります。

部分的な補修に比べて、どうしても費用が高額になります。

そのため費用相場を掴んでおくことは、支払準備のためにも重要といえます。

外壁塗装の費用相場

外壁塗装40坪

外壁塗装は築10年を目安の時期として考える必要があります。

外壁の状況によっては築15年とかでも大丈夫なお宅もありますので、劣化状況をチェックされると良いと思います。

建てた住宅メーカーさんによっては、まだ大丈夫ですよと客観的に診断してくれたりします。

外壁塗装の考えた方が良い時期としては、

  • チョーキング
  • 剥がれ
  • ひび割れ

といったような症状が外壁に出ている場合、築6年~10年といった住宅の外壁であれば、外壁塗装を行うことを検討される時期といえます。

特にチョーキングは外壁の塗料の耐久度が無くなっており、塗料が粉末状態になっています。
早めに外壁塗装をお考えになった方が良い状態といえます。

外壁塗装 費用の内訳

外壁塗装の費用の内訳ですが、大きく4つに分けられます。

  • 材料費
  • 人件費
  • 足場代
  • その他

そして費用相場としては30坪の戸建て住宅で80万円~120万円となります。

住宅の坪数が大きくなれば、その分かかる費用も大きくなるために高額となります。

外壁塗装を依頼する際、施主として大きく費用を変える部分として選べるのは塗料です。

塗料代はまさに選んだ塗料によって決まります。

今はあまり使われませんが、アクリル塗料、ウレタン塗料を選択する場合には安く費用を抑えることが出来ます。

塗料の単価相場としては、

アクリル塗料 1,400円~1,600円/㎡

ウレタン塗料 1,700円~2,200円/㎡

シリコン塗料 2,300円~3,000円/㎡

そして耐用年数が長く高級な塗料では、

フッ素塗料 3,500円~4,500円/㎡

といったような単価相場となります。

住宅ではあまり使用されませんが、無機塗料を選ぶ方もいらっしゃるかもしれません。

無機塗料 4,500円~5,500円/㎡

と高額な塗料になります。

外壁塗装の費用相場で考えると、30坪2階建て住宅であれば120万円以上する場合には、費用が相場を超えて高い可能性があります。

相見積もりで費用が安くなる可能性が高いので、ぜひ比較されることをおすすめします。

外壁リフォーム 新調の費用相場

外壁リフォーム、新調で検討される場合、

  • 張り替え
  • 重ね張り

があります。

張り替え工法は、既存の外壁を撤去、新しいボードを張る工法です。

重ね張りは工法、既存のボードの上に重ねて新しいボードを張る工法です。

張り替え工法の方が手間、撤去費用もかかるために高額となります。

サイディングで最も多いのは窯業系サイディングです。

意匠性の高さ、様々なデザインを選べることから外壁リフォームの際にサイディングも替えよう、というご家庭もあるかもしれませんね。

窯業系サイディングには、デザイン性の高さの他、短納期での工事が可能などメリットも多いです。

他には、金属系サイディングなどもあります。

新調の費用としては150万円~300万円が費用相場となります。

外壁リフォームの費用を抑えるには

外壁リフォームの費用相場についてご紹介いたしました。

外壁の状況に応じて、

  • 補修
  • 塗装
  • 新調

と検討する事が必要になります。

簡単な補修であれば数万円、高額な外壁リフォームともなれば300万円など費用も大きくなります。

計画的に資金を準備する必要がありますね。

長く住む住宅ですから、いずれは外壁塗装が必要となります。

しかしその際、外壁の劣化が少ない場合と、外壁の劣化が酷く錆びなども多い場合には、下地処理など費用が余計に高く発生してしまいます。

いざ外壁塗装、といった場合などに費用を安く抑えるには定期的なメンテナンスを行い、外壁が劣化しないようにすることが重要です。

外壁リフォーム、補修は相見積もりで比較

外壁リフォームの費用を抑える方法として、相見積もりを取ることも重要です。

リフォーム費用は業者ごとに見積もり額が変わってきます。

人件費も変わってきますし、足場代も変わってくるでしょう。

もちろん激安、格安は逆に心配ですから避けた方が良いと思いますが、相場の範囲内で出来る限り安く詳細な見積もり書で信頼出来る業者を選びたいものです。

業者によって、見積もり金額が変わりますので、ぜひ相見積もりをお取りになることをおすすめいたします。

「試しに見積もりを1社、取ってみたけれど・・・費用が安いのか高いのか分からない」

といった場合にも、相見積もりを取って比較検討されると良いと思います。

3社程度の相見積もりを取ることで、見積書の内容が詳細はどうか、費用を比較をしやすくなります。

-外壁リフォーム
-,

Copyright© 外壁塗装の相場|我が家の外壁塗り替え費用はいくら? , 2020 All Rights Reserved.