外壁の劣化

外壁塗装の知識

過ぎてるかも?外壁塗装にベストな時期

投稿日:

外壁塗装の時期

外壁塗装にはベストな時期、最適な時期があります。

しかし、外壁塗装についての知識が無いと訪問販売の塗装業者のセールストークに乗せられてしまい、まだ時期には早いのに高額な塗装の契約を結んでしまう可能性もあります。

外壁の汚れ、カビ、苔などは自分でも綺麗にすることは出来ます。

外壁塗装の塗料には耐用年数があり、現在多くの戸建て住宅で使用されているのはシリコン塗料です。

シリコン塗料の平均耐用年数は10年程度と言われており、築6年、7年といった時期の外壁塗り替えは早いと言えます。

しかしあまり長く外壁塗装の時期を待つのも劣化が心配です。

外壁の劣化が進むと耐久性が落ちます
変色、クラック(ひび割れ)、雨水の浸入、建物内部の劣化も進んでしまうと、高額な費用がかかる工事が必要となります。

外壁塗装にベストな時期に塗り替えを行うことで、適切な費用で外壁塗装するのがおすすめです。

外壁塗装にベストな時期

外壁塗装の時期はいつが良いの?
外壁塗装にベストな時期は、築10年頃、と言われます。

その理由としては新築時に使用される塗料の耐用年数によります。

住宅メーカーでお家を建てた場合には、営業担当者から、

「そろそろ外壁塗装の時期ですが、いかがですか?」

といった連絡が来る方も多いのではと思います。

そうした連絡が無い場合でも、外壁塗装は10年を目安に行う事で大切な住宅の寿命を延ばすことになります。

外壁塗装をせずにいると外壁にクラック(ひび割れ)などが起き、雨水の浸水などにより住宅内部が劣化してしまう可能性があります。

外壁塗装の目安は築10年

外壁塗装をする目安は築10年と言われます。

とはいえ、新築時に使用した塗料によっては6年目が1回目の外壁塗装時期、といった場合もあります。

最近ではほとんど使用されませんが、コスパの良いアクリル塗料は耐用年数は4年~7年程度とされています。

またウレタン塗料では耐用年数は6年~10年程度です。
住宅の環境によっては6年目頃に1回目の外壁塗装を行う時期が来ている可能性があります。

現在最も新築時などに外壁に使用されることが多い塗料は、シリコン塗料です。

シリコン塗料の耐用年数は10年~15年程度となります。
そのため10年を目安に外壁塗装が必要かをチェックされることをおすすめします。

もしフッ素塗料を利用していた場合には、耐用年数は15年前後ですから築年数によっては外壁塗装はまだ先かもしれません。

こうした塗料の耐用年数によらず、劣化のサインが見えたら外壁塗装は検討されることをおすすめします。

新築戸建て、築10年で外壁塗装をする理由

お家がサイディング、という方も多いと思います。

窯業系サイディングボードが現在、住宅の8割ほどを占めると言われていますが窯業系サイディングボードは主成分がセメントです。

塗料を塗ることで防水性能を持たせています。

そのため、早くて6年、7年といった時期、一般的には10年を目安の時期として外壁塗装をする必要があります。

窯業系サイディングボードは水を含むと傷みの進行が早く、一度傷んでしまったサイディングは元に戻りません

そのため外壁の防水性能が切れる前、シーリング(コーキング)の防水性能が無くなる前に打ち替えるといったことが大切になります。

このシーリング(コーキング)の打ち替え目安も、10年とされています。

外壁塗装しないと、どうなる?

とはいえ外壁塗装はお金がかかります。

日本の戸建て住宅の平均的な広さは、30坪~35坪と言われていますが、この大きさの住宅で外壁塗装をすると100万円前後の費用がかかります。

いきなり外壁塗装が必要な時期です!となっても、簡単に出せる金額ではありませんよね・・・。

そのため、「外壁塗装はもう少し先で良いかな・・・」というケースもありますが、外壁塗装をしないでおくと、劣化が進んでしまいます。

外壁塗装しないと、どうなるかも抑えておきましょう。

外壁の劣化

適切な時期に外壁塗装しないと、どうなるのでしょうか。

経年劣化によって、

  • 塗膜の剥がれ
  • クラック(ひび割れ)
  • チョーキング

などが起き、防水機能が低下します。

特にコーキングのひび割れ、外壁自体にひび割れが生じると、そこから雨水の浸水が始まりサイディングが損傷する可能性があります。

雨漏りが始まると、相当が外壁内部の劣化(腐食)が進んでいる可能性があります。

そうなると、外壁塗装の費用よりも高い金額で工事をする必要があります。

さらに放っておくと外壁が崩れ落ちる可能性もありますので、危険といえます。

そうした危険な状況に繋がる事も考えられますので、結局は適切な時期に外壁塗装を行うことがとても大切、結局は住宅維持のためのコストを最も安くすることができる、ということになります。

外壁塗料、劣化のサイン

外壁は少しずつ劣化していきます。

いきなり大きくひび割れる、といったことはありませから定期的に外壁の状態をチェックすることが大切です。

外壁の劣化サイン、塗り替え時期のサインとは

外壁は通常、次のような順番で劣化のサインが出てきます。

  • 外壁の色が変色してくる(色あせ)
  • チョーキング(外壁の表面が粉っぽくなる)
  • ひび割れ、苔が生える
  • 外壁の塗料の塗膜が剥がれてくる
  • シーリング材の塗膜剥がれ、ひび割れ

外壁のひび割れを見つけたら、外壁塗装を真剣に検討する時期です。

とはいえ、浅いひび割れの場合には埋めることで対応できる場合もありますので、心配であれば業者さんに見てもらうと良いと思います。

住宅メーカーの営業担当者ではひび割れの深さなどが分からない場合もありますので注意が必要です。

ただ、浅かったとしてもひび割れが起きているということは、そろそろ外壁塗装を考える時期といえます。

一箇所だけではなく、気付かない箇所にもひび割れが起きている可能性は十分になります。

同時に屋根塗装に関しても塗り替え時期に差し掛かっていることが多いです。
大抵、外壁と屋根の耐用年数が合うように施工されているはずです。

外壁塗装と屋根塗装、合わせてチェックされると良いのではと思います。

外壁塗装の時期、まとめ

外壁塗装を行うべき時期は、必ずやってきます。

今お住まいの住宅は、自分の代で終わり。

子供たちには建て替えさせるといった予定でもあれば別ですが、新築住宅の場合には、まだまだ20年、30年と住むつもりの方が多いのではと思います。

外壁塗装を適切な時期に行う事で、費用も結果として抑えることが出来ますし住宅も長持ちさせる事が出来ます。

外壁塗装をする時期は、住宅の築年数、外壁や屋根の劣化状況によって変わります。

そのための時期の目安が、築10年目と言われます。

またもちろん、外壁の状態で気になる部分があれば塗装業者に見てもらい、外壁塗装が必要な状況かどうかを診断してもらうことをおすすめします。

-外壁塗装の知識
-,

Copyright© 外壁塗装の相場|我が家の外壁塗り替え費用はいくら? , 2020 All Rights Reserved.