外壁塗装の費用を比較する

外壁塗装の知識

外壁塗装の見積り書、チェックポイント

投稿日:

外壁塗装 見積り書でチェックするべきポイント

外壁塗装、はじめてという方も多いと思います。

外壁塗装の見積もり書を取ってみても、どこをどう見たら良いの分からない方も多いのではないでしょうか。

住宅ごとに費用が変わる外壁塗装やリフォームでは、トラブルがとても多いのです。
そしてそのトラブルの多くは、見積もり書をしっかり比較し優良塗装業者に依頼が出来れば、避けることが出来ます。

お住まいの家を長持ちさせるには、外壁塗装は必要です。

築10年目が外壁塗装の目安と言われます。
失敗しないためにも外壁塗装の見積書で見るべきチェックポイントについて抑えておきましょう。

外壁塗装、見積書の内容・書式について

見積もり書は、基準となる書式もありませんから塗装業者によって様々な書式で提案されます。

相見積もりをされる方が多いと思いますが、比較の際に用語などが違う場合もあります。

表記の仕方、付帯部分に関しては塗装業者によって呼び名が違う、書き方が違うといったことが多いので注意をしながら見ていくことが必要です。

分からない部分に関しては、積極的に質問されることをおすすめします。
その際の対応の仕方、説明の丁寧さなども塗装業者選びの際にポイントになりますね。

外壁塗装 見積り書のチェックポイント

外壁塗装の見積り書ですが特に重点的にチェックしたいポイントとしては、以下があります。

  • 塗装面積
  • 外壁塗装の工事内容・内訳が詳細か
  • 塗料の単価、詳細の記載
  • ケレンがあるか
  • 保証内容

詳しく見ていきましょう。

塗装面積の大きさ

塗装面積は重要なチェックポイントです。

相見積もりの際も、それぞれの業者で大きく塗装面積がずれていないかをチェックする事が重要です。

塗装面積が大きくなれば外壁塗装の費用も高くなります。
費用を高くしたい場合には、塗装面積を広めに見積もりをすることも考えられますから、しっかりと確認してみることが必要になります。

出来れば住宅の図面を用意しておかれると良いです。
住宅の図面が無くても計測をして算出することは可能です。

計測の場合には各業者の塗装面積がズレることが予想されますので、大きすぎないかのチェックは欠かせません。

外壁塗装の工事内容・内訳が詳細か

外壁塗装の見積書を受け取ったら、工事の各工程、工事内容や内訳が詳細に書かれているかどうかも重要なチェックポイントになります。

作業範囲が明記されていることも重要です。

「一式」と作業内容がまとめられている場合、あると思っていた工事が行われていなかったりとトラブルの原因となりやすいです。

外壁塗装工事一式 70万円

一式は具体的なことが分からない書き方です。

依頼したつもりなのに、やっていないといったこともあり得るでしょう。
必要ない工事が含まれていて高額な費用になっている可能性もあります。

出来れば、詳細に書かれた見積書を作り直してもらうことをおすすめします。

一式になっていると工事内容に対して、費用が適正なのかどうかも判断が出来ません

工事内容が一式など、まとめられておらず工程ごとに詳細に書かれていることが重要です。
ただ、別紙参照ということで別紙に詳しく説明がされている場合もあります。

塗料は何回塗るのかも重要です。
基本は3回塗りです。

ただしメーカーより4回塗り、5回塗りなど指定されている塗料もあります。
気になる部分に関しては質問して確認されると安心です。

「こんな質問しても大丈夫かな?」

と思う必要はありません。
初めての外壁塗装、という方も多いので丁寧に答えてくれるはずです。

  • 足場組立
  • 飛散防止用メッシュ養生
  • 外壁高圧洗浄
  • 下塗り
  • 中塗り
  • 上塗り
  • 吹き付け仕上げ
  • 軒天塗装
  • 雨樋塗装
  • 鉄部塗装
  • 破風塗装
  • コーキング打ち替え

など、それぞれの単価も注意点となります。

足場面積なども計算方法がありますから自分でおおよその面積を出すことが出来ます。
確実に大きすぎると思った場合には確認してみると良いでしょう。

外壁塗装に関して知識が無いと、見積書の書き方が一式が普通なのだと思ってしまう可能性があります。

工事内容に関しては口約束もトラブルの原因となりますので、書面に残すことが大切ですね。

塗料の単価、各工程の単価

外壁塗装の塗料や工事には単価があります。

塗料の単価を調べる場合、メーカーの塗料単価よりも見積書の単価が高いと怪しいといえます。
ただ使用する塗料を同じ条件にして相見積もりを取れば塗料の単価が高すぎたら気づけますね。
他の工事単価に関しても同様です。

適正価格は近い価格になるはずですから、費用を吊り上げている可能性を考慮する必要があります。

相見積もりは3社程度で取ることがオススメです。
2社の見積もりでは相場がわかりにくいこともありますので、3社の相見積もりをオススメしています。

使用する塗料、グレード、単価、メーカー名

の記載があるかどうかも重要です。

基本的には大手メーカー(日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研)が使用されていると思います。

そこまで記載があると、塗料の特徴なども後から自分でも調べやすいですね。

塗料もメーカー、ランクによって単価が変わります。
しっかりと明記されている見積書かどうか、確認されることをおすすめします。

各工程に同様に、全て単価があります。

どういった工事内容で、工事面積、単価はいくらといった記載があるかどうかが重要になります。

ケレンがあるか

ケレンは外壁塗装ではとても重要な作業工程です。

ケレンは古くなった塗膜を剥がしたり、錆び落としの作業です。
古い塗膜、錆をしっかりと落とさないと、新たに塗料を塗ったとしてもすぐに剥がれるなど失敗の原因となります。

高単価の塗料を塗ったとしても、2,3年で剥がれてしまっては困ります。

ケレンも1種から4種まであります。

ケレン何種で行うのか、確認されることをおすすめします。
種類によって単価も変わってきます。

保証内容がしっかり明記されているかどうか

外壁塗装のように、不具合が1年後、2年後に出てくる可能性のある工事では保証内容はとても重要です。

どんな保証内容が付くのか、また免責事項に関しての記載があるかをチェックしてください。

とはいえ、塗装後2,3年で剥がれてきたりする場合、塗装の失敗の可能性が非常に高いです。
しかし保証内容に明記が無いと、誤魔化されたり費用を請求されたりします。

  • どの部分の保証をしてくれるのか
  • どういう状態で保証をしてくれるのか
  • 何年間保証してくれるのか

といったことを確認することが大切です。

基本的には、塗料の耐用年数に近い保証年数になると思います。

特に気にしたいのは、

「木部と鉄部」

となります。

剥がれやすい部分のためです。

ここだけ保証期間を短くするといったケースもあるようですから、注意が必要です。

知らないと分かりません。
ですから、時間をとって外壁塗装について調べることは大切ですね。

どういった保証内容なのか、免責事項はどうなのか。
しっかり明記されていることを確認することが重要になります。

出来るだけ、保証の手厚い塗装業者を選ばれると良いでしょう。

保証が手厚い塗装業者は、技術に自信があると考えることも出来ますね。

外壁塗装は相見積もりでの比較がおすすめ

既に決めている塗装業者がいる、といった場合には別ですが特に決めた塗装業者はなく安くしっかりやってくれる工務店などに依頼したい、といった場合には相見積もりを取られることをおすすめします。

その際「出来るだけ安く」といったことは言わずに、希望条件を揃えて相見積もりを取るのがポイントです。

希望予算を言ってしまうと、仕事を取りたい塗装業者はその予算範囲に抑えて見積書を出す可能性が高いです。

比較をするためにも、金額以外の条件を揃えて見積りを依頼する方法が良いでしょう。

「外壁塗装、お金の準備もあるし、そろそろ塗装業者を探して見積りを取ってみようかな・・・」

いう場合には相見積もりを取られる方法がおすすめです。

その場合、

⇒ ヌリカエ

といった優良塗装業者との提携に力を入れている外壁塗装業者の仲介サイトの活用がおすすめとなります。

-外壁塗装の知識
-

Copyright© 外壁塗装の相場|我が家の外壁塗り替え費用はいくら? , 2020 All Rights Reserved.